ケイン(当ブログ管理人)

税金と確定申告

フードデリバリー配達パートナーの確定申告は必要?やり方と無申告がばれた時のリスクについても徹底解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館、menu(メニュー)、Wolt(ウォルト)、DiDi(ディディ)といったフードデリバリーサービスの配達パートナーは、原則として確定申告が必要です。本記事では確定申告のやり方や、しなかった場合(無申告)のリスク、売上や経費の帳簿の記帳方法などについて、筆者の実体験に基づきわかりやすく説明します。
Uber Eats (ウーバーイーツ)

【3ステップで完了】Uber Eats 配達パートナーの登録方法

Uber Eats 配達パートナーの登録方法についてわかりやすく説明します。
マーケティング・テクノロジー・キャリアアップなどの研究

【不労所得も可能?】フードデリバリー配達員にもおすすめの副業ブログの始め方

配達にまつわるネタには困らないフードデリバリー配達員が稼ぎやすいおすすめの副業として、ブログ・Webメディア運営について説明します。
Uber Eats (ウーバーイーツ)

【徹底解説】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方と登録方法

お金がない!そんな時は…しっかり稼げるフードデリバリー配達員の仕事がオススメです。本記事では現役Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの筆者が「どんなお仕事なの?」「どのくらい稼げるの?」といった疑問に答えつつ、配達パートナーの始め方についてわかりやすく説明します。
マーケティング・テクノロジー・キャリアアップなどの研究

フードデリバリーサービスの市場規模と関連ビジネスの提案 2021

フードデリバリーサービスの市場規模と今後の予測についての調査結果を紹介し、それをもとにフードデリバリー配達員の売上規模の推算を行いました。さらにこれらを踏まえて、配達員向けに想定されるビジネスの市場規模と将来性について机上検討しました。
Uber Eats (ウーバーイーツ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは会社員の副業におすすめ!その意外な理由とは?

会社員(サラリーマン)の副業にはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事がオススメです。その理由は大きく3つあり、1.デスクワークのストレスが解消できる、2.稼ぎながらダイエットができる、3.開業届を出して個人事業主となり事業所得を手に入れることもできる、という理由です。
コラム

皆さん、こんにちは。はじめまして!

皆さん、こんにちは。はじめまして。管理人のケインと申します。 弊サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。 私は2019年からUber Eats の配達パートナーの仕事を始め、フードデリバリー配達員としての自らの体験と...
タイトルとURLをコピーしました