Wolt(ウォルト)東京エリア配達員で稼ぐコツ・効率的に稼げる方法

city people lights walking Wolt(ウォルト)
Photo by Negative Space on Pexels.com
この記事を書いた人
ケインデリバリー☆メディア/ライター

日本全国のいろいろなエリアで稼働されている現役のフードデリバリー配達員の方たちが執筆した記事です。Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、Wolt(ウォルト)、menu(メニュー)など、様々なフードデリバリーサービスの最新情報をお届けします。

KayneDelivery(ケインデリバリー☆)の LINE(ライン)公式アカウントはじめました!よかったら友達追加して下さいね!

友だち追加

Twitter(ツイッター)フォローもぜひよろしくお願いいたします!

自分の好きな時間に働けて、なおかつ稼げるデリバリー配達員。

そんなデリバリー配達ですが、フィンランド発祥のデリバリーサービス「Wolt」の配達員を最近、東京の街で見かけるようになりました。

東京エリアで走り回っているWolt配達員が実際にどのようなシステムで稼いでいるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、東京エリアでWolt配達員が「稼ぐコツ」と「効率的に稼げる方法」について、まとめていきます。

東京エリアのWolt配達員で効率的に稼ぎたい方は是非、ご覧ください。

Wolt配達員は東京エリアで稼げるのか?

Wolt配達員は東京エリアで本当に稼げるのか、とても気になるところですよね。

結論からいうと、Wolt配達員は東京エリアで稼げます。

その理由は、

  • 配達報酬が高いこと
  • 最低時給保証があること

この2つがあるからです。

次項で詳しく解説していきます。

配達報酬が高いこと

配達報酬が高いことに関しては、Woltは「基本料金」と「長距離料金」を合わせた数字が1件あたりの配達料金となります。

しかも、手数料も引かれないので稼いだ分をそのまま報酬として受け取れます。

1件あたりの基本料金の内訳ですが、

平日休日(土日)
450円550円

このような基本料金となります。

続いて、「長距離料金」ですが、基本料金にドロップ距離に応じた報酬が積み上がっていくカタチです。

配達開始から移動距離が0.1km進むと長距離料金が発生、そこから100mごとに10円ずつ積み上がっていきます。

表にまとめると、

 平日休日
0.0kmの場合450円550円
0.5kmの場合500円600円
1.0kmの場合550円650円

このように距離が伸びるほど報酬が上がっていきます。

また1件あたりの配達料金の他にインセンティブ制度があり、配達をこなせばこなすほど稼げる仕組みとなっています。

最低時給保証がある

Wolt配達員には、最低時給保証制度があります。

働くと決めた日にあらかじめ「シフト予約」を行えば、その日に案件がなかったとしても報酬がGETできるシステムです。

東京エリアの時給は、

平日休日
1,150円1,350円

最低時給保証制度があれば、「その日全く稼げない…」という心配が一切なく、安心して仕事ができる環境が用意されています。

しかし、下記の条件を満たしていないと最低時給保証制度が貰えない場合もあるので注意しておきましょう!

  • シフト予約時間帯は、オンライン状態にすること
  • 依頼されたらすぐ出発できるようにしておくこと
  • 配達できるエリアで待機していること

これら3つを厳守していないと保証が貰えないのでしっかり守っておきましょう。

Wolt配達員が東京エリアで効率的に稼ぐコツ

ここまでで東京エリアでWolt配達員として働けば稼げることは分かったと思います。

続いては、東京エリアで効率的に稼ぐコツについてお伝えします。

東京エリアで効率的に稼ぐコツはこの5つです。

  • Weeklyボーナスを狙う
  • ブーストを狙う
  • 土地勘を鍛えておく
  • 稼働する時間を考える
  • 駅前やレストラン街エリアで待機する

1つずつ解説していきます。

Weeklyボーナスを狙う

稼ぐコツの1つ目は、Weeklyボーナス狙うです。

Weeklyボーナスは、1週間で一定数の配達を完了させるとインセンティブがもらえるシステムです。

指定配達数ボーナス額
25回1,000円
50回3,000円
75回6,000円
100回10,000円
125回14,000円
150回18,000円
175回2,3000円
200回30,000円

Woltは、指定された配達回数をこなせば、決まったボーナスが受け取れるので1ヶ月の配達目標を立てやすいです。

東京エリアであれば駅周りが栄えている、

  • 新宿
  • 渋谷
  • 池袋

首都圏内を狙って動けば配達依頼も増えるので、Weeklyボーナスがたくさん貰える可能性が高くなります。

ブーストを狙う

稼ぐコツの2つ目は、ブーストを狙うです。

ブーストは、雨天時や配達員が不足している日に不定期に発生します。

  • 基本料金が通常より100円UPの500円
  • 長距離料金は、100mに対して20円ずつUP

このように1件の配達料金がUPしていきます。

Woltは、ブースト情報を事前に予告してくれるので見逃す心配もありません。

「雨の日は気分が乗らないから配達嫌だ…」と多くの配達員が感じると思いますが、通常報酬の2倍、3倍に膨れ上がる可能性があるので効率よく稼ぐなら、ブーストは必ず狙いましょう。

土地勘を鍛えておく

稼ぐコツの3つ目は、土地勘を鍛えておくことです。

お店の場所」や「お届け先場所」が分からず、時間がかかってしまったら配達が遅れ、時給も下がってしまいます。

Woltは、エリアの土地勘が鋭く、配達スピードに実績がある方から依頼が入ります。

配達が早い方だと、自身の頭の中で周辺の土地勘を把握しているので、お届け先場所に近づいたら1回地図を見る程度です。

時給勝負の世界なので、配達エリア周辺はあらかじめ調べておいて、土地勘に強くなっておきましょう。

稼働する時間を考える

稼ぐコツの4つ目は、稼働する時間を考えることです。

Wolt配達員として稼働していい時間帯は、

  • 平日 10:00〜22:00
  • 休日 10:00〜23:00

と決まっています。

しかし、上記の時間帯にはお客さんが全く注文しない時間帯も存在します

最低時給保証制度があるので注文がなくてもずっと待機することも1つの手ですが、どうせやるなら効率的に稼ぎたいのが本音。

それなら1番注文が入る時間帯(ピークタイム)を狙って稼働しましょう。

1番注文が入る時間帯(ピークタイム)は、

  • お昼時の11:30-14:00
  • 夕食時の17:30-21:00

上記の時間を踏まえて、できるだけ早めに準備して待機しておくことをオススメします。

実際に、Wolt配達員をはじめ他のデリバリーサービス配達員で効率良く稼いでいる方は、必ずこの注文が入る時間帯を狙って仕事をしています。

なので効率的に稼げる時間を考えて、配達していきましょう。

駅前やレストラン街エリアで待機する

稼ぐコツの5つ目は、駅前やレストラン街エリアで待機することです。

東京エリアの場合、駅やレストラン街がそばにある場所で待機すると、配達依頼がくる確率が高くなります。

首都圏だとオフィスビルがズラリと並んでいるので、ビルの周辺にレストラン街があれば、チャンスは無数に転がっているといえます。

東京の密集エリアを例に出すと、

  • 新宿駅周辺
  • 渋谷駅周辺
  • 池袋駅周辺

特に3駅の周辺は、オフィスビルが多く、注文者の数もいます。

このことから駅前やレストラン街周辺に待機していれば、配達依頼は増えていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで、東京エリアでWolt配達員が「稼ぐコツ」と「効率的に稼げる方法」についてまとめてきました。

Woltはまだまだ知られてない存在。

しかし、だからそ今からコツを身につけておけば、効率的に稼げるようになります。

配達報酬も他のデリバリーサービスより高い金額を維持していますし、東京エリアは注文する人の数も無数にいるので稼ぐなら今がチャンス。

本記事を読んで、Woltで効率的に稼げるようになるヒントとなれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました