副業として働くUber Eats のメリットとデメリットを紹介

man building sitting pants Uber Eats (ウーバーイーツ)
Photo by Mike Jones on Pexels.com
この記事を書いた人
ケインデリバリー☆メディア/ライター

日本全国のいろいろなエリアで稼働されている現役のフードデリバリー配達員の方たちが執筆した記事です。Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館、Wolt(ウォルト)、menu(メニュー)など、様々なフードデリバリーサービスの最新情報をお届けします。

KayneDelivery(ケインデリバリー☆)の LINE(ライン)公式アカウントはじめました!よかったら友達追加して下さいね!

友だち追加

Twitter(ツイッター)フォローもぜひよろしくお願いいたします!

みなさんこんにちは。

みなさんは副業に興味を持ったことってございますか。

新型コロナウイルスの出現以降、日本の経済を取り巻く環境は大きく変わりました。

普段は会社勤めをされている方の中にも、今後の収入や貯蓄に関して不安を感じ、副業に関して調べている、という方が多いのではないでしょうか。

私自身、普段は小さな建築会社に勤めているのですが、コロナの影響で工事が一時ストップするなどの事態を経験し、本業以外での収入の確保の必要性を感じたことがあります。

そんな中、出会ったのがUber Eatsの配達員の仕事

かれこれ1年以上は広島市で自転車による配達をおこなっております

今では時給換算1,000円~2,000円くらいの幅で安定して稼げており、副収入として、とても満足しています。

今回の記事では、会社勤めをしながら副業としてUber Eatsの配達員をしている私の体験談をもとに、実際にUber Eatsで副業をするにあたってのメリットとデメリットを紹介していこうと思います。

  • 副業として働くUber Eatsのメリット
    1. 勤務日数、時間に縛られず、本業への時間的な悪影響がない
    2. 運動不足の解消になる(自転車配達の場合)
    3. 自分の街の素敵な飲食店について知ることができる
  • 副業として働くUber Eatsのデメリット
    1. 稼げない日や時間があり、報酬が安定しづらい
    2. スキルが身に付かない

また今なら、北欧生まれのお洒落なフードデリバリーブランド「Wolt(ウォルト)」の配達パートナーもおすすめです。Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じくアプリを使って好きな時間に気軽に始められる配達のお仕事です。現在期間限定で紹介料大幅アップ!下記記事をぜひご覧ください。

メリット1 勤務日数、時間に縛られず、本業への時間的な悪影響がない

man in brown jacket carrying a bag
Photo by MART PRODUCTION on Pexels.com

本業が忙しい方にUber Eatsの配達員をおススメできる理由で一番大きいのが、勤務時間が自由なところです。

他のアルバイトと違い、シフト制なわけでもありませんから、自分の働きたい時間に仕事を始めたり、終了したりすることができます。

もちろんノルマ等が課されるわけでもありません。

特に私の場合は、日曜日以外は現場が動いているので、自分が休みでも現場でトラブルが起きた場合は急遽その対応に走らなければならないというケースも多く、勤務時間が定められている副業はできませんでした。

そんな中、配達さえ終えてしまえば自分の裁量で仕事を終了できるUber Eatsはとても便利で、副業として長く続けることができました

また、前日に残業を遅くまでこなし、翌日早起きをするのがキツイ場合にもこのメリットは有効です。

Uber Eatsの場合、しっかり睡眠をとった後に午後から働くこともできますし、配達自体を休んで休息に充てることもできます。

他のアルバイトの場合は基本的に勤務時間が決まっている為、自分の体調管理がおろそかになってしまったり、急な仕事に対応できず、本業に悪影響を及ぼすことも多いです。

それに対して、Uber Eatsの配達員の場合は本業に集中しながら、あくまでスキマ時間を利用し副収入を作ることのできる、社会人におススメの副業であるといえるでしょう。

メリット2 運動不足の解消になる(自転車配達の場合)

man in orange t shirt riding on bicycle
Photo by Mike Jones on Pexels.com

私はUber Eatsの配達を自転車でおこなっています。

元々は単にバイクを持っていなかったことが理由なのですが、この自転車配達こそ、社会人の方におすすめしたい働き方であります。

普段、私は営業マンとして、車で移動して現場を見てまわり、帰社後はパソコンに向かって事務作業を繰り返す生活をしています。

帰宅後も自炊をする気力すらなく、外食やコンビニ弁当に頼っていた私の体は、どんどん重くなっていく一方であり、かといって休日に運動をするほどのストイックさも持ち合わせておりませんでした。

普段会社勤めをしている多くの方も同じような方が多いのではないかと思います。

そんな方々にこそ、日々の運動不足を解消できる自転車配達はおすすめです。

最初は2時間ほどの配達で筋肉痛になっていた私の体も、今では半日働いてもびくともしないくらいには筋力や体力がついてきています。

社会人としてバリバリ働くためにも、体力はとても重要です。

今では、以前よりも体が動くようになっており、本業の方にも好影響を与えるくらい体力がついてきたのを私自身実感しております。

バイクと比べ、初期投資額も少ないことからも、Uber Eatsの配達手段として自転車を選ぶ方も多いです。

住んでいる地域にもよるかと思いますが、自転車配達の場合、短距離で配達数を稼ぎやすいというメリットもあります。

近道や抜け道も使いやすく、地域での配達に慣れれば慣れるほど、配達の効率を上げることも可能です。

私の場合、配達数が多い日では時給換算で2,000円を稼げる日もありましたし、バイクの方が稼げるといったこともありません。

また、自転車の場合バイクと違い、ガソリン代もかからないというのも大きなメリットです。

これから副業としてUber Eatsの配達員を考えている方は、ぜひ自転車で配達をしてみてはいかがでしょうか。

メリット3 自分の街の素敵な飲食店について知ることができる

selective focus photography of pasta with tomato and basil
Photo by Lisa on Pexels.com

みなさんは普段外食などをすることがありますか。

私の場合、営業マンとして外回りをする際、よくランチタイムに飲食店の利用をしていました。

ただ、どうしても同じようなチェーン店に入ってしまい、新しいお店を見つけることがおろそかになっていたことは事実です。

そんな中、Uber Eatsの配達員を始め、普段住み慣れている街の中にこれほどたくさんの美味しそうな飲食店があるのかと、とても驚かされました。

牛タンやお寿司、オムライスなど、レパートリーが豊富なうえ、商品受け取りの為にお店に入り、店の雰囲気を実感することもできます。

色々なお店を知ることで、取引先の方と話す際の話題作りになったこともありますし、お店をプライベートで利用し、充実した休日を過ごせたこともあります。

普段、オフィスと家との往復ばかりで、生活に新しい刺激が欲しいと感じているような方にも、地域の飲食店について発見のあるUber Eatsの配達員はとてもおすすめです。

きっとあなたの街にある、まだ見ぬ名店に出会うことができるでしょう。

デメリット1 稼げない日や時間があり報酬が安定しづらい

city man street working
Photo by Mike Jones on Pexels.com

Uber Eatsの配達員の場合、時給ではなく配達数や距離によって報酬が変わってきます。

つまり、頑張れば稼げる分、配達件数が少ないと高い報酬を期待することができないのです。

ランチやディナーの時間には注文が集中する一方、その間の時間はなかなかオーダーが取れず、時間だけが経過するというケースもあります。

私自身、日曜日などは配達員の数自体が多い為か、なかなか思ったように注文を受けることができず、報酬が伸びてこないという経験をしたこともあります。

一方、平日のお昼や夜は需要のわりに配達員が少なく、大きく稼げる可能性が高いのですが、会社勤めの方の場合、平日は本業があり、土日しか副業に充てることができないという方も多いのではないかと思います。

そういった方の場合も待機エリアを工夫するなどして、報酬を確保するということはできるのですが、やはり慣れるまでに時間がかかり、最初から売上を確保する難易度は高いです。

私の配達している広島市の場合は、平日のランチタイムにはオフィス街に、ディナータイムには住宅街に近い場所で待機することで注文を受けやすくなるのですが、この特性は街によっても変わってきます。

その街の特製を把握し、曜日や時間ごとに待機場所を変える目と経験を持つまでに時間がかかるということは、副業としてUber Eatsの配達員を選ぶうえでのデメリットになります。

デメリット2 スキルが身に付かない

man in gray sweater and black pants standing beside glass window
Photo by cottonbro on Pexels.com

Uber Eatsの配達員は、あくまで商品を受け取り、ユーザーに配達するという作業の連続です。

慣れたり、コツをつかむことで、この作業を効率化させることはできるのですが、これは別の場面でも応用が利くような、いわゆる“スキルアップ”にはつながりにくいことも事実として理解しておきましょう。

PCの扱い方がうまくなるわけでも、何かノウハウを取得できるわけでもありません。

特に副業として考えた場合、今小遣い程度の副収入を得るよりも、本業の仕事に関わる資格の勉強をしたりする方が、将来的な収入アップにつながる可能性すらあります。

今、あなたが副収入として欲しい金額や、将来、自分がどの仕事でどれだけ稼げるようになりたいかをまずイメージしてみてください。

そしてそのイメージに沿ってバランスを取りながらUber Eatsの配達員をする事をおススメいたします。

上手くバランスを取ることができれば、本業からの気分転換にもつながりますし、Uber Eatsで稼いだ報酬で日々の生活を豊かにすることもできます。

まとめ

man sitting beside bicycle
Photo by Dó Castle on Pexels.com

いかがだったでしょうか。

会社員がUber Eatsで副業をすることに関して、メリットやデメリットを知っていただけたでしょうか。

もちろん、誰しもが本業に集中することができる環境があるのが1番だと思います。

しかし、昨今の日本では、今の収入に不満を感じたり、本業でボロボロになったメンタルを健康に維持する為にも、副業に対する需要が高まってきていると実感しています。

日々の生活をより良くし、自分らしく生きるためにも、私自身Uber Eatsの配達員は自信をもっておススメできる副業であります。

登録をすれば誰でも簡単に始められるのがUber Eatsの魅力の1つでもあります。

悩んでいる方もぜひ、勇気をもって最初の1歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

また今なら、北欧生まれのお洒落なフードデリバリーブランド「Wolt(ウォルト)」の配達パートナーもおすすめです。Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じくアプリを使って好きな時間に気軽に始められる配達のお仕事です。現在期間限定で紹介料大幅アップ!下記記事をぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました