PR

※当記事には広告プロモーションが含まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達パートナー(配達員)は危険かどうか考察してみた

a woman in blue denim jacket holding pizza boxes Uber Eats (ウーバーイーツ)
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com
この記事を書いた人

会社員兼フリーランス。東京でUber Eats とWoltの配達パートナーをしています。

ケイン(当ブログ管理人)をフォローする

はじめに
Uber Eats では配達員ではなく配達パートナーと呼びます。また、配達パートナーは個人事業主として業務を受託しており、Uberとの雇用関係はありません。

フードデリバリー最大手のUber Eats(ウーバーイーツ)では、女性で配達パートナー(配達員)として活躍されている方もいらっしゃいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、フリーランスとして自分のペースで稼働できるので、もちろん老若男女問わず活躍できるポテンシャルがあるのですが、体力に個人差があるように、男性と女性でもいくらかは違いがあり、女性ならではの危険や注意点もあるのではないでしょうか。

例えば、

  • (特に自転車稼働で)体力的に厳しいのではないか?
  • 身の危険を感じる場面があるのではないか?
  • そもそも、女性の配達パートナーって居るの?

といった懸念があるかとおもいます。

本記事では、これらの懸念事項について実際どうなのか調査して考察して「これなら安心かも!」と思える解決策を提案していこうと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達パートナー(配達員)のメリット

Uber Eats 配達パートナーは性別に関係なく活躍できるポテンシャルを持っています。一般的に女性は、結婚や出産といったイベントを機に一度仕事のキャリアを中断し、その間に家の事(育児や家事)をする方も多いのではないでしょうか?

そのような状況でも、仕事をして収入を得たい!と考える方には、当然パートタイムの仕事なども検討されるかもしれませんが、シフト勤務や時間の束縛があり、決められた時間に勤務するというのは、特に家事や育児でありがちな突発的な出来事で休まなくてはいけない時など、なかなか融通が利かなくてヤキモキすることがあると思います。

そんな方には、フリーランスとして自分の好きな時間に稼働を開始・終了できる、Uber Eats 配達パートナーのメリットがしっかりと生きてくると思います。

登録も簡単。履歴書や面接などの面倒な手続きはありませんので、本人確認さえスムーズに終わり、グッズを準備すれば直ちに稼働することが可能です!

報酬も週払いなので、いち早く現金を手にすることができるのも嬉しいですね!

\Uber Eats の配達パートナーを始めてみたい方は必見!/

【’24年2月1日 最新】現在、Uber Eats 配達パートナーの新規登録をされた方に、初回配達完了で 19,000円 の紹介料がもらえるキャンペーンを実施中です。全エリア・全車両対象で条件達成に必要な配達回数はたったの1回!大変お得なキャンペーンですので、この機会をぜひお見逃しなく!

【’24年2月最新】Uber Eats 紹介料キャッシュバック19,000円

\ 今だけ 19,000円 キャッシュバック【’24年2月25日まで】 /

やりかたは下記記事で詳しく説明しています。あわせてご参考ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達パートナー(配達員)の時間当たりの報酬や収入は?

Uber Eats の配達1件あたりの報酬は、時間帯や稼働エリアによって変わるのですが、ざっくりいうと安い時で300円程度、普通で500~600円、ピーク時や遠距離や複数個所の配達(ダブルなど)の場合だと1000円近くになることもあるようです。

これらの配達のリクエストが、都市部ですと1時間に3~4件入りますから、時間当たりの報酬は大体1500円~2000円になるのが一般的な金額だと思います。

なお郊外だとリクエストが鳴る頻度が下がる傾向があると思いますが、稼働時間帯やエリア(住宅街やチェーン店の多いエリアを選ぶなど)を工夫することで、時間当たりでより高い報酬を得ることができると思います。

Uber Eats の報酬については、下記記事をご参考下さい!

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達パートナー(配達員)のデメリット

一方、デメリットとしてはまず、以下のようなことが考えられると思います。

  • (特に自転車稼働で)体力的に厳しいのではないか?
  • 身の危険を感じる場面があるのではないか?

以下に、それぞれについて考察と、解決策について考えてみます。

デメリットその1:女性だと体力的に厳しいのではないか?

まずは体力面の不安ですが…これはあまり関係ないのではないでしょうか。

なぜなら電動アシスト自転車を使えばほとんど体力差は問題にならないと考えられるからです。お金で解決ですね(笑)

当然、子乗せ電動アシスト自転車でも稼働できますので、既にお持ちの方はそれを転用して初期投資なしで稼働を始めることが可能です!

後ろのチャイルドシートとバッグが干渉しがちなので、小さめのバッグにして背負うか、前かごを活用するかなど、多少の工夫は必要かもしれませんが、何事も有効活用できたら良いですよね!

Uber Eats の稼働におすすめの自転車をまとめましたので、下記の記事をご参考ください!

デメリットその2:身の危険を感じる場面があるのではないか?

身の危険を感じる場面とは…あまり考えたくはないですが、配達先の人に暴力を振るわれそうになったり、部屋に入れられそうになったり、またセクハラまがいの行為(じろじろ見られる、下着姿や裸で受け取りに出てくる等)に遭ったという話が、実際にあるようです(参考HP)。

当然、男性の配達パートナーにも起こりうることなのですが、一般的には女性の方がより遭いやすい傾向にあるかもしれません。

これには、Uber Eats では配達パートナーの顔写真とファーストネームが、注文者に見られる状態になっており、どんな人が配達に来るかあらかじめ予期しやすいというのが関係しているのではないかと筆者は考えています。このアプリの仕様は正直いただけないですね…男性でも顔バレ身バレにつながる情報が注文者に公開されるのは、抵抗があると思います。

このデメリットへの解決策は、まずはとにかく気を付けるしかなく、護身グッズも携行しておくに越したことはありません。

またどうしても顔写真が出るのが嫌な場合の解決策としては、他のデリバリー会社の配達パートナーに登録してそっちで稼働するしかないかもしれません。

例えば Wolt(ウォルト) では顔写真も名前も公開されず、なにかトラブルがあった際にも注文者との間にサポートが入ってくれて対応してくれるので、注文者と直接やりとりする必要がなく、安全性が高いサービスです。

そういった意味では、この顔出し・名前出しを気になる方には、大変おすすめのサービスです!

\「Wolt(ウォルト)」の配達パートナーを始めてみたい方は必見!/

現在、期間限定で紹介料大幅アップ! マッハバイトのマッハボーナスと併用すると最大2万5千円ゲットです!手厚いですよね!

👇詳しくは、下記記事をご覧ください

いや、私は顔出しでも気にしないよ!という方や、一応登録だけはしてみようか…といった方は、ぜひ業界最大手の Uber Eats もお試しになってください!

\Uber Eats の配達パートナーを始めてみたい方は必見!/

【’24年2月1日 最新】現在、Uber Eats 配達パートナーの新規登録をされた方に、初回配達完了で 19,000円 の紹介料がもらえるキャンペーンを実施中です。全エリア・全車両対象で条件達成に必要な配達回数はたったの1回!大変お得なキャンペーンですので、この機会をぜひお見逃しなく!

【’24年2月最新】Uber Eats 紹介料キャッシュバック19,000円

\ 今だけ 19,000円 キャッシュバック【’24年2月25日まで】 /

やりかたは下記記事で詳しく説明しています。あわせてご参考ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達パートナー(配達員)が気になる「注文者の客層」は?

あるHPによると、注文者の客層はまず性別で言うと、「2000人中900人は男性、1100人は女性のお客様」と全体としては若干女性の方が多く、遅い時間になるほど男性比率が高まるとのことでした。また、客層の良し悪しでいうと、「東京で安全な場所(=客層が良いエリア)は千代田区、港区、目黒区、中央区、江東区」「大阪で安全な場所(=客層が良いエリア)は大阪市北区、福島区、西区、中央区、淀川区」とのことでした。

以上を考えると、治安の意味でも「あまり遅い時間帯には稼働しない」「安全なエリアを選んで稼働する」といったごくごく基本的なことを守ることが、危険を避けるための解決策になるのかなと思います。

エリア別の稼働体験記は下記をご参考下さい。

【参考記事】全国の各都市での稼ぐコツ・効率的に稼ぐ方法

当ブログでは全国から現役のフードデリバリー配達員の実体験をもとに、効率的に稼ぐコツ・稼げるエリアの最新情報をお寄せいただいております。下記記事をぜひご参考下さい!

関東地方

 

東海地方

関西・中国・四国地方

北海道・東北・九州・沖縄地方

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー(配達員)の女性比率

最後に、

  • そもそも、女性の配達パートナーって居るの?

という疑問について調べてみました。

その結果、Uber Eats 配達パートナーの正確な男女比は公開されていませんが、現役配達パートナーの情報によると、男性7割女性3割だといわれているようです。また、女性3割のうち、毎日定期的に稼働しているのは約2割のみだと予想されています。残りの1割は、「ドライバー登録を済ませているものの、週に1回だけしか活動しない」や、「他のデリバリーサービスと掛け持ちしている」など、Uber Eats の稼働時間が短い女性だと考えられているそうです(参考HP)。

また、約1.7万人の配達パートナーに調査した結果(下図参照)では、女性配達パートナーの回答数は1,257人と全体の1割程度であることがわかりますので、だいたい情報と合っていますね!

引用:https://blog.freelance-jp.org/wp-content/uploads/2022/03/FreelanceSurvey2022.pdf(p68〜)

いかがでしたでしょうか?思ったより多いと思われた方も、やっぱり少ないなぁと思われた方もいらっしゃると思います。

筆者の印象としては、結構いらっしゃるなという印象です。実際に注文してみても、女性の方もちょくちょく来られますし、会社ごとの比較で言えば、Uber Eats よりは Wolt(ウォルト) のほうが女性が多い気がしますね。

とはいえ、女性の方が少ないのは事実ですから、注文者から見て珍しい存在であり、そういう意味では本記事で取り上げたような危険も発生しやすいのかなと思います。

まとめ

本記事では、女性が Uber Eats 配達パートナーとして稼働するにあたって、どのような危険が考えられるかを、下記の観点から考察し、それぞれについて解決策を出させていただきました。

  • (特に自転車稼働で)体力的に厳しいのではないか?
    • 電動自転車で解決!
  • 身の危険を感じる場面があるのではないか?
    • とにかく気を付ける。護身グッズも携行しておこう。
    • 遅い時間帯は避け、比較的治安のよい安全なエリアで稼働しよう。
  • そもそも、女性の配達パートナーって居るの?
    • 1割~3割はいらっしゃると言われています。

本記事が女性ならではの危険を回避することに少しでも参考になり、女性の方もUber Eats 配達パートナーのメリットを十分に享受して、配達パートナーライフを送っていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

\Uber Eats の配達パートナーを始めてみたい方は必見!/

【’24年2月1日 最新】現在、Uber Eats 配達パートナーの新規登録をされた方に、初回配達完了で 19,000円 の紹介料がもらえるキャンペーンを実施中です。全エリア・全車両対象で条件達成に必要な配達回数はたったの1回!大変お得なキャンペーンですので、この機会をぜひお見逃しなく!

【’24年2月最新】Uber Eats 紹介料キャッシュバック19,000円

\ 今だけ 19,000円 キャッシュバック【’24年2月25日まで】 /

やりかたは下記記事で詳しく説明しています。あわせてご参考ください。

また今なら、北欧生まれのお洒落なフードデリバリーブランド「Wolt(ウォルト)」の配達パートナーもおすすめです。Uber Eats (ウーバーイーツ)と同じくアプリを使って好きな時間に気軽に始められる配達のお仕事です。

しかも現在、期間限定で紹介料大幅アップ! マッハバイトのマッハボーナスと併用すると最大2万5千円ゲットです!手厚いですよね!


👇詳しくは、下記記事をご覧ください👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました